January 01, 2015

2015年 cream 営業時間のお知らせ

3日(土) 15:00~
4日(日) 15:00~
5日以降は通常通りの営業時間となります。

本年も宣しくお願いいたします。

July 27, 2014

2014年 7月24日(木) cream 13周年

小倉北区馬借にcreamって名でカフェをオープンして13年。
DSC_4144.jpg
DSC_4146.jpg

自分がイメージする店が小倉にあるっていいなぁから始まる。
スタッフには伝えていくこと、理解してもらいたいこと沢山。
それぞれあるセンスを交換することで自信安心持てたりした。
DSC_4147.jpg
1406439179673.jpg


馬借って遠いかな?
セットメニューは無しでどうだろう?
やっぱエスプレッソが流行るかな?
カフェオレなんです。
飲んだり食べたりそれ以外。
音楽のライブ、映画の上映会、展示イベントできるかな?
お昼からビール飲めるよ。
夜コーヒー飲めるよ。
お酒飲めないからドリンクいらない、かぁ…
あんな席こんな席。
お好きなテーブルへどうぞじゃダメ、かぁ…
こんな家具あんな家具。
ポップなインテリアは楽しい。
今このCDどお?コレ誰?
雑誌意外と見ないなぁ…
とか…とか…


芯はぶれずに強くなり、
その上で考えてたこと思ってたこと変わること。
尽きないな。
DSC_4155.jpg

10周年をむかえた時から思ってることはあるけど移行できていない。
そのうちエイッっと飛び越えてしまうのだろうし、そう願う。


……
おっと肝心なことをココに書いとかないといけないな。
今日もcreamは営業できているコト。
これはもう近くも遠くも今までもこれからも関わる人達全てに
DSC_4145.jpg
大大感謝だっ。

June 08, 2014

2014年 6月7日(土) 井手浦

creamが普段からお世話になっている篠田さんの田植えに行く。
場所は小倉南区井手浦。
平尾台のふもと、紫川の源流のあるところ。
慣れているわけないのに慣れた気になる都合のイイ自分が顔をだし…
結果あわてて準備して、まぁ支障ない程度の忘れ物で済む。 セーフッ

14田植え山.jpg

曇り空のせいもあってか、最近の気温にしては肌寒い。
相変わらずの山の景色は圧倒的な安心感。
風、水、鳥、蛙… 聞こえる音は心地よし。

14田植え花.jpg

14田植えかえる.jpg

そんな井手浦の景色にふける時間もそうは続かず…
今年も児童館の子供達が体験に!?  ち~ん
14田植え前.jpg

田植えより泥んこになることでテンションが上がり、見事な飽きっぷりまで見せ付けてたコイツらも…うんうん頑張ってたな。
14田植え洗い.jpg
おかげで洗うのは足と手に留まるわけもなく、頭までいっちゃうコもいたか。


14田植え田.jpg
お昼過ぎにはドロンコ田植え隊も無事?終わり解散。(あえて遠めの写真です(笑))

14田植え味噌汁.jpg
ざっと片付けて篠田さん家の庭で風味タップリお味噌汁とお弁当を頂き、たばこプカプカ篠田さんと過去と今の井手浦のお話。
やるしかないってコト、その上でこれからを考えているコト。
当たり前に言葉にされてたけど、響いたんだなぁ。
でっかい優しさと強さ、ガツンと受け止めます。

March 05, 2014

3月5日に思う

今日のランチは1人営業。
1時以降は食事のお客さんも来ない。
その後、コーヒー紅茶コーヒーコーヒー紅茶コーヒーコーヒー… とそれすべてにお喋りがついてた。

誰もいなくなったので、CDをFairground Attractionにかえて、まかないは自分で作るクラブハウスサンド。

DSC_3598blog.jpg

・パンは高温でしっかりと焼き色がつくまで。
・ベーコンはユックリ、カリッと焼き、油をきる。
・バターはすみずみまんべんなく塗る。
・マスタード、ケチャップ、マヨネーズはかけすぎないよ うに。
・たまごは黄身を破って半熟に焼く。
・パン、具財をつぶさないように切る。
・できるだけ短い時間で仕上げる。

って教えてもらってから20年も経ってる。
もちろん今もそうして作ってる。
慣れない作業を“ヘタクソ”な目で見られてたのを思い出す…かなり冷たい目。笑  

DSC_3597blog.jpg
門司港の景色はないけど、夕暮れはあるね。
記憶もある。
今日はそろそろ一緒に飲んでもらおう。
1杯捧げます。

February 16, 2014

豆腐

豆腐、うまいなぁ。
温かくても冷たくても、揚げても焼いても、くずしたりあえたり…。
選べと言われれば木綿を選ぶ。(でもイイんだぞ、絹ごしもソフトも。)

理由なんかハッキリしてて親父(面等向かって親父と言ったことはないな)が豆腐好きで、いっつも目の前で
“うまかぁ、豆腐が一番うまかぁ、少し食べてろ。うまかろぉが?”
IMG_20140209_200803.jpg
って聞かされながら親父の食べかけの冷奴を口にしてた小さい頃。

そんなにオイシイ?ってぐらいで食べてた記憶。
おふくろは“○○のスーパーの豆腐が固かと。お父さんは固かとじゃなかといけんめぇがぁ”と、お固い豆腐を手に入れたことの少しの自慢。
どうやらその固い豆腐ってのが、木綿豆腐だった。
そんなことが日常的に続いたらやっぱりね、箸でつついてボロっとした豆腐に浸みた少し薄まった正油と、一緒に乗せられたネギだったり白菜、大根、高菜なんかの漬物がさ、もうさ、もうもうさ…コレコレうまぁいっ!とインプットされたんだなぁ。  

でね、そういうのがわかっちゃったからそういう風に食べたりもしたけどナンかちゃう… モヤンとした。
これってよく言う“おふくろの味”とか“ふるさとの味”ってのとも少し違う。
親子の味? …ん~うまく言えんな。
親の横から頂戴せなあの味にはならんってのは間違いない。   ヨシッ


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages